7月21日(日) 蔵書票ワークショップ
開催予告

蔵書票について聞いたことはありますか?

蔵書票(ラテン語で「EX-LIBRIS(エクスリブリス)」)は、本の見返しに貼る、小さな紙片です。
本の持ち主が誰であるかを示すために使われます。
ひとつひとつデザインが異なり、氏名や家紋、格言が入っていることも。
リソグラフなど様々な手法でつくられた小さな美術品でもあります。

今回は、オリジナルの蔵書票をつくります。
好きな絵や言葉などを入れて自由につくってみてください。
いくつかフレームも用意しています。
お子様でも簡単につくることができます。
絵や言葉をかいてもらった紙をスキャンして、和紙に印刷します。
好きな形に切って、お気に入りの本に貼ってみてください。
いっそう愛着を持てるはず。
スマホのケースに入れたり、ノート、手帳などにも貼ってもきっと素敵です。

 

開催詳細

【日時】   7月21日(日) ①11:00~12:00 ②14:00~15:00
【場所】   2階 セミナー&スタディ

【定員】   各回5名
【対象】   どなたでも
【参加費】  100円
【申込】   下記お申込みフォームより【お名前・参加人数】をご記入ください